過払い金が発生している可能性がある人

過払い金が発生している可能性がある人

過払い金とは、消費者金融などの貸金業者からお金を借りていた人に発生する払い過ぎた利息のことです。

2つの金利の法律による矛盾で生じた違法金利での貸付による問題で、本来は払う必要のなかった利息分なので債権者に請求することで取り戻すことができます。

これは法律で認められている正当な権利なので、早急に請求することがすすめられています。

ちなみに過払い金は、消費者金融などの貸金業者からお金を借りていた全ての人に起きている問題ではありません。

安心できるプロミスの過払いの最新情報を掲載しています。

過払い金が発生している可能性がある人としては、2010年以前に貸付を受けた人、利息制限法を超えた金利で貸付を受けた人です。

Reuters情報を多数ご用意したサイトです。

金利に関する2つの法律が過払い金の原因と言いましたが、この法律は2010年に改正されており、それ以降の貸付に関して利息の払い過ぎが発生することはありません。

言い換えれば、2010年以前に貸付を受けていた人は注意が必要です。また、利息制限法は金利に関する法律の一つで、金利上限を定めています。

2010年以前に貸付を受けていた人の中でも、この上限を超える金利での貸付を受けていた人が過払い金の被害にあっています。ただし、実際に払い過ぎた利息があるかどうかは引き直し計算をしてみないと分かりません。


引き直し計算は、専用のソフトを利用すれば自ら計算することもできます。



計算が面倒なら弁護士に依頼することもできるので、まずは信頼できる弁護士を探してみましょう。

Copyright (C) 2016 過払い金が発生している可能性がある人 All Rights Reserved.