おいしいドリップコーヒーをいれる

ドリップコーヒーは、入れ方によって味に大きな差が生まれます。

それは、簡易式のドリップバックも同じです。特にドリップバックの場合には、はじめから溢れる手前のところまでお湯を入れてしまって、落ちるのを待ち、またいっぱい上までお湯を足しということをしているのではないでしょうか。ペーパーフィルターもドリップバックも、ドリップコーヒーには蒸らしの時間が大切です。まずは、コーヒーの粉にしみわたるくらいのお湯を注ぎます。そして、蒸れて膨らむまで20秒~30秒待ちます。

膨らんでくるのは、コーヒーに含まれるガスが放出されるためで、これにより、粉の内部にまでお湯が通るようになります。蒸らしを行わないと、この通り道ができないため、成分を十分に抽出できないのです。蒸らしが終わったら、マグカップのお湯の量の半分をコーヒーに注ぎます。しばしばフィルターの壁面から回すように注ぐ方がいますが、それではコーヒー全体からおいしさを引き出すことができません。フィルターの中心から小さく「の」の字を書くように注ぎましょう。

このとき、お湯をいっぺんに入れるのではなく、ゆっくりと切れ間のないように注ぐのがポイントです。目安としては、ドリッパーから落ちる量と注ぐ量が同じになるようなイメージで注ぐと良いでしょう。お湯を注ぐのをやめ、ドリッパーの中のお湯の量が3分の1になったら、残りのお湯を注ぎます。これらの方法で、ドリップコーヒーの味わいが数段違って感じられるはずです。ドリップバックの場合も、給湯器からではなく、注ぎ口のあるポットから同じようにお湯を注ぐだけで、味わいが変わるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *