インスタントとは一味違うドリップコーヒー

利便性ではインスタントですが、芳醇な香りと新鮮さを感じたいのであれば、ドリップコーヒーを選ぶ事がポイントです。

ドリップコーヒーの特徴は、飲む直前にコーヒーを抽出して、一杯ずつ作る方式の事を指します。また、入れ方一つでドリップコーヒーの味は変わるので、工夫や時間をかけて好みの味を追求出来る余地があります。ドリップコーヒー自体の入れ方は簡単で、誰でも直ぐに覚えられますが、本当の意味で美味しいコーヒーを入れるには経験が必要になります。

インスタントに比べれば、道具の準備や手間はありますが、それよりもコーヒー本来の味わいが楽しめる事が魅力的です。ドリップコーヒーを入れる基本的な方法は、コーヒー用のカップを用意する事、お湯を沸かす最中にフィルター等のセットを行い、そして数回に分けてお湯を注ぎ入れる流れになります。蒸らす事が香りを引き出すコツで、焦らずじっくりおいしさを育てる事が大切です。

直ぐにコーヒーが飲みたかったり、一度に数敗飲む人には向きませんが、一杯の味わいを大切にしたい場合には最適といえます。豆から作る本格的なコーヒーは、最もこだわる場合に適してはいるものの、ドリップに比べると準備に必要な手間が大幅に増加します。その点ドリップ方式は、必要な道具がカップとフィルター程度なので、これから始めたい人でも資金と手間が節約出来ます。本格コーヒーの入門としても選べるので、コーヒー本来の味わいを体験したり、ひと手間でおいしさを楽しみたい時におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *