ドリップコーヒーは美味しいコーヒーを入れる基本

ドリップコーヒーとは、一杯ごとに抽出する形のコーヒーの作り方です。

他のコーヒーの作り方と違い、お湯とコーヒーとドリップコーヒーがあれば十分手軽で美味しいコーヒーが淹れられます。このコーヒーですが、基本的には一杯ごとに個包装となっており、紙製のドリッパーにコーヒーが入っている形です。紙製のドリッパーは平たくなっていますが、それを組み立ててからになります。組み立て方はそれぞれのドリップコーヒーの個包装に書かれているので、その通りに組み立てましょう。

大体の場合はコーヒーが入っていますから、そこにお湯を注いでお湯を落として抽出します。この時、最初はコーヒー豆を膨らませるためにある程度の量のお湯を入れて、コーヒー豆全体にお湯を浸透させると味が良くなるのです。その後に2回から3回ほどお湯を入れ、必要な量を抽出します。この時、お湯は中心から徐々に外に円を描くようにして広げ、豆全体にお湯を広げると同時に、コーヒー豆の成分を抽出させるとより味が良くなるでしょう。

最後に、ドリップコーヒーは一定の量まで抽出すると味わいが良くなります。ただしそれ以上のお湯の量ならコーヒーの味わいが薄くなるようです。必要な量ならとても美味しいのですが、お湯を多く注ぎすぎたり少なく注ぎすぎると、味わいや香りなどのバランスが崩れてしまい、調整していた味わいが薄くなったりすることも出てくるでしょう。このため、香りや味わいにこだわりがあるのなら、お湯の量を計算しておくといいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *