電気式ではないコーヒーメーカーの利用

コーヒーメーカーのイメージとして通常の人が考えるのは電気式のものでしょう。

水とコーヒーフィルター、コーヒーの粉をセットすることによって、スイッチを入れれば十分ほどの間にコーヒーが抽出できるものであるというのが一般的です。その抽出時間の違いやセットしなければならないものの違いこそ生まれてきているものの、全体としては電気式であるというのが基本となっています。しかし、コーヒーを抽出するのを助ける道具であるという見方をするとコーヒーメーカーには電気式ではないものもあると知っておくと良いでしょう。

その代表的なものがフレンチプレスのコーヒーメーカーです。フレンチプレスということ自体を知らない人もいるかもしれません。コーヒーオイルをロスすることなく抽出できるのがメリットになるのがフレンチプレスであり、コーヒーの粉に直接お湯を注いで作る方法になります。その粉を除去するのに役立つプレス式のフィルターがついているのがフレンチプレスのコーヒーメーカーであり、様々なデザインのものが各社から販売されています。

コーヒーの本来の味を楽しむにはフレンチプレスが最適であるという説もあり、同じコーヒーの粉を利用してもペーパードリップのものとは異なる味わいが得られるでしょう。電気代もかからないことから経済的な方法であり、コーヒーメーカーの一つの候補として考えてみる価値があるものです。電気式のものを持っていても手元にあるとよりコーヒーが楽しめるようになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *