レギュラーコーヒーにはいれ方のコツがあります。

レギュラーコーヒーは本当に多くの商品があります。

豆にこだわって購入する人は多いはずです。しかし、入れ方が違うと全く違うコーヒーといっていいくらいの違いが出てしまうということも事実です。レギュラーコーヒーを本当においしく楽しむためには豆にこだわることも大事ですが、いれ方をしっかりマスターすることが大切です。仕組みは非常にシンプルです。それだけにいれる人のセンスが出てしまうということになります。まずは湯の温度が大切になってきます。

温度が低すぎるとコーヒーの成分が溶け出しにくく、高すぎると苦味が強くなってしまうということがあります。まさにいい塩梅ということが大事になってきます。具体的な温度でいうと100度よりも少し低め95度前後が適温です。ドリッパーとフィルターはぴったりとフィットするものを選ぶことも大切になります。しっかりと押さえて隙間のないように気をつけます。

お湯を注ぐときにはいったん蒸らすことも大切になります。蒸らすことでコーヒーの成分を十分に引き出すことができるようになります。あまり高くから注がずに低い位置から注ぐことも大切です。そのほうがコーヒーの成分をしっかりとカップに注ぐことができるからです。レギュラーコーヒーはインスタントと違って色々と手間がかかります。しかし、その手間をかけるだけの価値があるということが一杯のコーヒーを注ぐことで実感できます。コーヒーをおいしくいれるもの楽しみ方のひとつだといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です