コーヒーグラスが映えるコーヒーフロート

コーヒーグラスの魅力は、横から見た際にコーヒーと上に浮かべたクリームが層をなし、見た目に美しい点です。

ここではコーヒーグラスが映えるコーヒーフロートの作り方について紹介します。アイスコーヒー向けのコーヒーは、氷で溶ける分だけ濃い目に入れることがポイントです。また、使う豆は冷えた時に感じる酸味を抑えた深煎りが最も適しています。まずは氷水の中にコーヒーサーバーをセットします。

コーヒーの粉は通常の分量である一人あたり10gから13gの量を入れる一方で、湯量は半分にすることで濃い目にコーヒーを淹れます。美味しいアイスコーヒーを作るコツとしては、多人数分をまとめて淹れることです。コーヒーフロートには一人分として、アイスコーヒー100ccとバニラアイス30g、生クリーム30ccに、グラニュー糖とガムシロップを適量用意します。まずはコーヒーグラスに氷を入れアイスコーヒーを注ぎ、好みでガムシロップを入れます。

ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ、半立程度に泡立てます。最後にアイスコーヒーの上にバニラアイスと泡立てた生クリームを、そっと浮かべます。これがコーヒーフロートの基本ですが、この他にも生クリームは泡立てずにそのままかけるという方法もあります。

またバニラアイスは入れず、ガムシロップの代わりにはちみつを入れ、泡立てた生クリームを浮かべると、夏バテ解消に丁度よいハニーコールドコーヒーになります。この場合の分量は、アイスコーヒー120ccにはちみつ20g、生クリーム適量です。ここでは容量が大きめのコーヒーグラスを使用します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です