レギュラーコーヒーのおいしい入れ方

レギュラーコーヒーをおいしく味わうためには、いれ方のポイントをおさえておくことが必要です。

まず、器具を揃えます。ドリッパー、サーバー、ペーパーフィルター、ポットです。ポットは、コーヒー用の注ぎ口が細いものがおいしくなります。好みがありますが、一般的なコーヒーの分量を把握しておきます。

カップ1杯に、10~12g、2杯になると25~30g前後と覚えておきます。必要な器具やカップは、温めておき、お湯を沸かします。お湯の温度は、95℃くらいが最適です。レギュラーコーヒーの抽出の際のポイントは、お湯を注ぐタイミングです。

最初に蒸らしを行います。少量のお湯を注ぎ、粉全体にお湯を含ませて、20秒ほどそのままにして蒸らします。注ぐお湯の量は20cc程度と覚えておきます。サーバーに、ポタポタとお湯が数滴落ちてくるのを確認します。

1杯分を抽出するのに、3回ほどに分けてお湯を注ぎ入れます。最初は80cc、次は40cc、最後は20ccくらい注ぐとうまくいきます。また、注ぐ場合には、壁面からではなく、中心から小さならせんを描くように、優しく注ぎます。

また、ポットから注ぐお湯の角度は、平らにしたコーヒーの面に対して、直角になるように気をつけます。このあたりの注ぎ方も、レギュラーコーヒーを美味しくするポイントとなります。

抽出後のカスをチェックして、細かい泡が残っている場合は、コーヒーのアクがとれていますので、美味しいレギュラーコーヒーが出来上がっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です