家庭用のコーヒーマシンでエスプレッソを淹れる

エスプレッソマシンなどのコーヒーマシンというと、業務用という認識が一般的です。

しかしながら、近年では本格的なコーヒーを自宅でも楽しみたいという人のために、家庭用のコーヒーマシンも様々なものが販売されています。ここでは近年の家庭用のエスプレッソマシンの特徴と、エスプレッソを淹れる際に必要なもの、良いエスプレッソができたかどうかを見分ける方法について説明します。

近年では家庭でも美味しいコーヒーを楽しむことができるように、小型のコーヒーマシンやエスプレッソマシンが様々開発されています。以前は業務用のものに比べると味が落ちるという声もあったものの、最近では改善され、業務用に劣らないエスプレッソを淹れることができるようになっています。

家庭でエスプレッソを淹れる場合には、まず焙煎度合いがフルシティーローストからイタリアンローストのものを2人分で14gほど用意します。

粉砕度合いは極細挽きのものを選びます。このレシピでは出来上がりが60mlほどで、一人分は30mlとなります。エスプレッソマシンでは、圧力によって一気に抽出することで、エスプレッソの表面には必ず泡が立ちます。この泡はクレマと呼ばれ、クレマが綺麗にできているかどうかで淹れ方の良し悪しがわかるとされます。

クレマの良し悪しを見分ける場合には、クレマの上にそっと砂糖を乗せます。この時良いクレマであれば、砂糖が表面に一瞬とどまります。

一方で質の良くないクレマであれば、砂糖はすぐに沈んでしまいます。この他にもクレマに適度な厚みがあることも、良いクレマを見分けるポイントとなります。

オフィスコーヒーについてならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *